近代五種女子 島津が初の五輪代表、国際連合ランキングで出場権獲得

[ 2021年6月23日 05:30 ]

 日本近代五種協会は22日、東京五輪の日本代表に女子の島津玲奈(自衛隊)が決まったと発表した。初の五輪出場となる。国際大会の成績による国際連合のランキングでの出場権獲得となった。既に男子の岩元勝平(自衛隊)、女子の高宮なつ美(警視庁)が五輪代表に決まっている。

 ◆島津 玲奈(しまづ・れな)1991年(平3)5月28日生まれ、熊本県出身の30歳。熊本・ルーテル学院高出。今年の世界選手権20位。水泳が得意。1メートル61、51キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月23日のニュース