本多、200メートルバタフライ自己新で瀬戸に圧勝も「54秒台では足りない」

[ 2021年6月6日 05:30 ]

競泳ジャパン・オープン第3日 ( 2021年6月5日    千葉県国際総合水泳場 )

男子200メートルバタフライ決勝、優勝を果たす本多(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子200メートルバタフライは本多灯(19=アリーナつきみ野SC)が自己ベストの1分54秒59で優勝した。

 男子200メートルバタフライは東京五輪代表の本多が自己ベストを0秒29更新した。2位に2秒近い差をつけ、5位に沈んだ瀬戸にも圧勝。この種目は04年アテネ五輪から日本勢が4大会連続でメダルを獲っており「ベストを出せたのはうれしいが、54秒台では足りない。本番では52秒台を出して表彰台に上ります」と宣言した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月6日のニュース