「コロナ五輪」「殺人五輪」…陸上テスト大会中の国立競技場周辺でデモ

[ 2021年5月10日 05:30 ]

陸上 東京五輪テスト大会 ( 2021年5月9日    国立競技場 )

暗くなってからも国立競技場前で抗議活動をする人たち
Photo By スポニチ

 東京五輪パラリンピック開催の中止を求めるデモ行進が9日、陸上競技のテストイベントが行われていた国立競技場周辺で行われた。参加者らは新宿区の五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」前に集まった後、午後6時ごろから競技場の周りを2周した。

 反五輪の会、オリンピック災害おことわり連絡会が共催し、約100人が参加。「五輪、聖火リレー、テストイベントは今すぐやめろ。五輪より暮らしを守れ」などと拡声器で訴え、「コロナ五輪」「殺人五輪」の言葉が並んだプラカードも掲げられた。参加者の3倍ほどの警察官が誘導する物々しい雰囲気だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月10日のニュース