松山 ガッツポーズなしに「余裕なかった」勝利の意味「日本人ができるということが分かったと思う」

[ 2021年4月13日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ最終日 ( 2021年4月11日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

15番で2打目を池ポチャしドロップ処理する松山=右(AP)
Photo By AP

 松山が「ゴルフの祭典」の歴史にその名を刻んだ。8年連続10度目出場の松山英樹(29=LEXUS)は4打差の単独首位から出て4バーディー、5ボギーの73にまとめ、通算10アンダーの278で逃げ切り、悲願の初優勝を果たした。日本人男子として海外メジャー初制覇。米ツアー通算6勝目。207万ドル(約2億2700万円)の優勝賞金と終身の 大会出場権を得た。

 【松山に聞く】
 ――メジャーで初めての最終日最終組でプレッシャーは?
 「朝からずっと緊張していて、最後まで緊張しっぱなしで終わりました」

 ――優勝が決まった瞬間はガッツポーズがなかった。
 「最後入っていればしようと思っていたけど、あんな終わり方だとする余裕はなかったですね(笑い)」

 ――ポイントになったプレーは?
 「18番のティーショットでフェアウエーにいったこと。(パトロンからスタンディングオベーションで迎えられ)2打差があってよかったなと思いながら上がっていました」

 ――メジャーで勝って日本で一番のプロになったのでは?
 「それは一概には言えないけど、メジャーを勝った人は誰もいなかったので。そういう意味では一番になったんじゃないかな」

 ――日本ゴルフ界にとって、この勝利の意味は。
 「僕が勝ったことによって日本人が変わっていくんじゃないか。日本人ができるということが分かったと思う。テレビを見ている子供たちが5年後、10年後にこの舞台に立って、争えたら凄く幸せ」

 ――日本のファンへのメッセージを。
 「最後はハラハラドキドキさせてしまったので。次勝つときは、しっかりといい勝ち方で終わりたいと思います」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月13日のニュース