IOC、失言の森氏に不問の姿勢「問題は解決したと考えている」組織委も擁護

[ 2021年2月5日 05:30 ]

森喜朗会長の記者会見が行われたことを報じる新宿駅のモニター(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 国際オリンピック委員会(IOC)は4日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の“女性蔑視発言”謝罪会見を受けて声明を発表。「森氏は今日、発言を謝罪した。IOCは問題は解決したと考えている」とし、不問に付す姿勢を示した。

 組織委員会の武藤敏郎事務総長が会長の問題発言と謝罪会見をIOCに報告。武藤事務総長は「IOCには伝えました。了解、分かりましたということだった。(森会長について)あのように謝罪されて(発言を)撤回されている。会長ご自身のお気持ちは明らかだと思う」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月5日のニュース