逆転されV逸…美誠、10分間動けず号泣「夢なんじゃないかって思うくらい固まった。これが現実」

[ 2021年1月18日 05:30 ]

卓球 全日本選手権最終日 ( 2021年1月17日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

逆転負けで優勝を逃し涙の伊藤美誠(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男女シングルスの準決勝と決勝が行われ、女子は石川佳純(27=全農)が女子最長ブランクとなる5年ぶりの優勝を果たした。決勝で伊藤美誠(20=スターツ)との東京五輪シングルス代表対決を1―3から逆転して4―3で制した。

 女子シングルス決勝で敗れた直後、伊藤は約10分も動けなかった。ゲームカウント3―1から逆転され「夢なんじゃないかって思うくらい、固まりました。(頭の中は)無。これが現実なんだ」と、ベンチで泣き崩れた。

 第1ゲームをあっさり奪い、第3、4ゲームは終盤の5連続得点で奪った。バックハンドの強打をクロスへ打ち込む得点が目立った。しかし「相手が戦術を変えてくることは分かっていたのに、やることを固めてしまった」とサーブの種類の偏りを反省。「決まったと思ったボールが返ってきて足が動かなかった」と経験豊富な石川のしつこい返球に苦しみ、余裕を失った。

 今大会は特注ウエアで臨んだ。利き腕の右の袖口が、左よりも広かった。コロナ下でラケットを振り続けた成果で昨年よりも肩回りが分厚くなったためだ。優勝を逃したとはいえ進化は続いている。敗戦が日本のエースをさらに強くする。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月18日のニュース