クレルモン松島、フル出場で攻守貢献も悔しいドロー 仏1部リーグ第4節

[ 2021年1月18日 05:30 ]

ボルドー戦で攻め込むクレルモンの松島
Photo By 共同

 ラグビーのフランス1部リーグ第4節は16日に行われ、クレルモンは敵地でボルドーと対戦し、16―16で引き分けた。

 膝の不調から2戦ぶりに先発復帰したFB松島幸太朗はフル出場。味方に2人のシンビンが出ていた前半19分ごろ、中盤付近でインターセプトに成功し、WTBピノーのトライの起点に。攻守でチームに貢献したが、この日はマイボールラインアウト成功が10本中2本と壊滅状態。再三の好機を逃し、かろうじて引き分ける結果に「前半に(ラインアウトで)半分でも取れていたら、もっと楽な試合になっていたはず」と残念そうだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月18日のニュース