全国高校ラグビー 無観客開催で最終調整 記念大会、史上最多63校が出場

[ 2020年12月1日 05:30 ]

 27日から大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕予定の第100回全国高校ラグビー大会が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での開催を目指すことで最終調整されていることが30日、関係者への取材で分かった。

 記念大会として史上最多63校が出場する。会場が一定のエリアに集中することから、主催者側は専門家を交えて開催方法を協議していた。大阪府の感染状況や全国各地から出場校が集まる移動、宿泊に伴う感染リスクを考慮。来年1月9日予定の決勝までの全日程を消化するためにも、無観客が妥当とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年12月1日のニュース