日大・伊東主将「関西学院大さんにはいろいろご迷惑をかけて…」

[ 2020年12月1日 05:30 ]

<甲子園ボウル記者会見>会見後、健闘を誓い合う、関学大・鶴留主将(右)と日大・伊東主将
Photo By スポニチ

 アメリカンフットボールの学生日本一を決める「第75回甲子園ボウル」(13日キックオフ)の記者発表会見が30日、甲子園球場で行われ、日大(関東代表)と関学大(関西代表)の監督、主将が出席。

 3年ぶりに聖地の土を踏んだ日大の伊東慧太主将(4年)が感慨深げにスタンドを見上げた。「関西学院大さんにはいろいろご迷惑をかけて…。あのまま終わっていたら、モヤモヤしたものが残っていたので、ここで対戦できてうれしい」。

 史上初めて1年生でミルズ杯を獲得したQB林大希(同)ら前回の対戦で関学大を下した主力は健在。立命大出身の橋詰監督は「関学大は日本のトップチーム。胸を借りるつもりで頑張りたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月1日のニュース