設楽悠太は5区で区間2位、マラソン次戦「全然、決まっていない」

[ 2020年11月3日 13:24 ]

東日本実業団駅伝 ( 2020年11月3日    熊谷スポーツ文化公園内周回コース、7区間76・4キロ )

設楽悠太
Photo By スポニチ

 男子マラソンの元日本記録保持者、設楽悠太(ホンダ)は5区(8・4キロ)で24分3秒の区間2位だった。チームは3時間38分0秒で3位。「まずまずの走りだった」と振り返った28歳は、新型コロナウイルスの影響で海外マラソンが不透明な状況もあって、次のマラソンについては「全然、決まっていない」と言う。

 
 現状はコロナ禍で目標設定が難しいが、「今はもう練習のみ」とした上で、24年パリ五輪挑戦についても「まずは次のレースのことを考えたい」と話すにとどめた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月3日のニュース