橋本聖子五輪相、年内活動停止の瀬戸大也に「期待に応えられるように頑張って」

[ 2020年10月16日 10:57 ]

橋本聖子五輪相
Photo By スポニチ

 橋本聖子五輪相は16日、閣議後会見で、競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也について言及した。不倫を認めた瀬戸には、日本水連から年内の活動停止処分が科された。橋本五輪相は「代表選手は大きな期待を背負う。社会の模範となるような行動を期待されている。復帰を目指して、期待に応えられるように頑張っていただきたい」と話した。

 瀬戸は200&400メートル個人メドレーの五輪代表は維持されたものの、年内は日本水連主催の公式大会や強化合宿、海外遠征への参加は不可能に。マネジメント会社の公式サイトには「私にとってのおわびはこれからも水泳で努力していくこと。家族からも皆さまからもスイマーとして再び認めていただけるよう、一からやり直す覚悟で真摯に水泳に向き合っていきたい」と決意を記している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月16日のニュース