性的画像被害は男性アスリートも JOCが国内競技団体と会議

[ 2020年10月16日 18:55 ]

国立競技場
Photo By スポニチ

 日本オリンピック委員会(JOC)に加盟する国内競技団体(NF)の専務理事・事務局長会議が16日、オンラインで行われた。

 女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題について、JOCがいくつかのNFから実態などをヒアリング。「盗撮のひと言ではくくれない形での被害がある」と話したJOCの籾井圭子常務理事は、「男性でも同じような被害に遭っているケースもある」とし、「スポーツ界全体で取り組んでいく問題。他の統括団体にも声をかけて、どうしていくか」と続けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月16日のニュース