プロデビュー戦の金谷拓実、48位発進「どんどんスコアを伸ばしたい」

[ 2020年10月16日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 日本オープン第1日 ( 2020年10月15日    千葉 紫CCすみれC=7317ヤード、パー70 )

12番、ラフからの第3打を放つ金谷(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 プロ初ラウンドとなった東北福祉大4年の金谷拓実は72で48位。4オーバーで迎えた17番から2連続バーディーで盛り返し、「前半のプレーは良くなかったけど最後に2つバーディーが取れたのは明日(第2日)につながる」と前向きに捉えた。

 デビュー戦の気負いはなかったと言うが、雨の影響もあり5番で3パットのボギーを叩くなど持ち味のパットが鳴りを潜めた。それでも、同組の石川は「連続バーディーで上がれる心の強い選手」と称賛。金谷は「どんどんスコアを伸ばしたい」と巻き返しを期す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月16日のニュース