貴景勝、合同稽古へ参加「自分も強くならないといけない」

[ 2020年10月16日 05:30 ]

11.8初日 11月場所

稽古する貴景勝(代表撮影)
Photo By 共同

 大相撲の大関・貴景勝が15日、11月場所(8日初日、両国国技館)に向けて東京都台東区の千賀ノ浦部屋で汗を流し、16日から両国国技館で行われる合同稽古に参加する考えを示した。「ぶつかり稽古もしているし、あとは実戦だけ」と話し、「自分も強くならないといけないし、やれることをやりたい。自分のテーマに沿って一生懸命やるということが大事」とペースを上げていくつもりだ。

 新型コロナウイルスの影響で11月も福岡ではなく東京開催になったが、「ケガとは向き合いやすくなった。治療はやりやすい」と前向きだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月16日のニュース