関西学生アメフット 秋季公式戦は史上初のトーナメント 立命大-関学大は決勝まで当たらず

[ 2020年8月6日 05:30 ]

 関西学生アメリカンフットボール協会は5日、大阪市内で理事会を開き、1部の秋季公式戦を史上初めてトーナメント形式で開催することを正式決定した。昇格と降格もない。

 1部の開幕は10月17日が有力。1回戦の組み合わせは昨年の順位により(1)立命大―桃山学院大、(2)関大―京大、(3)神大―近大、(4)関学大―同大で、準決勝は(1)と(2)、(3)と(4)の勝者が対戦、決勝で甲子園ボウル出場を懸けて戦う。準決勝までは無観客で、決勝は5000人を上限とした有観客開催を目指す。

 ただ、新型コロナウイルス感染者がチームに出た場合は、他校が推薦で甲子園ボウルに出場する可能性がある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月6日のニュース