フジサンケイクラシック 無観客で開催 男子国内ツアー5カ月遅れで開幕

[ 2020年8月6日 10:30 ]

昨年のフジサンケイクラシック。優勝プレートを掲げる朴相賢(パク・サンヒョン)
Photo By スポニチ

 男子ツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6日、フジサンケイクラシック(山梨・富士桜CC)を9月3日から4日間の日程で開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染防止のため観客は入れない。

 今季は1月のシンガポール・オープン開催後に大会の中止が相次いだため、国内のトーナメントとしては約5カ月遅れで開幕。JGTO青木功会長も「新型コロナウィルス感染症拡大の影響で多くの大会が中止となっている中、フジサンケイクラシックから国内男子ツアーを再開できることになりました。このような状況はゴルフファンの皆様同様、我々も展望が見込めず、非常に不安な日々を送っていましたが、このフジサンケイクラシックから、男子プロの迫力あるプレーで、皆様に元気と勇気を与える事が出来ればと思っています」とコメントを発表した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月6日のニュース