NFL選手会が25万ドルの「コロナ保証」を求める リスク回避で欠場を選択した場合の措置

[ 2020年7月15日 13:21 ]

NFL今季の開幕戦が行われるミズーリ州カンザスシティーのアローヘッド・スタジアム(AP)
Photo By AP

 NFLの選手会が新型コロナウイルスへの感染リスクを回避するために今季のプレーを断念した場合でも25万ドル(約2700万円)以上の保証が得られるようにリーグ側と交渉していることが明らかになった。

 スポーツ専門局のESPNが報じているもので、すでに2日間にわたって交渉中。最低保証以外にも、毎日検査を受けられることやプレーシーズン・ゲームの全廃などを要求している。リーグ側は検査は数日おきの実施、プレシーズン・ゲームは2試合としており、保証額についてはまだ正式には回答していない。

 米国ではカリフォルニア、フロリダ、アリゾナ、テキサス各州などで新型コロナウイルスの感染者が急増中。この4州だけでNFLは9チームが本拠を置いており、9月に開幕する今季への不安を訴える選手が増えていた。

 リーグ側は6月初旬に感染リスクを高める7つの要因をリストアップ。(1)アフリカ系アメリカン、ヒスパニック系、太平洋諸島の出身者、(2)BMI指数(体重と身長から算出される肥満度)が28以上、(3)睡眠時無呼吸症候群、(4)高血圧、(5)免疫不全、(6)糖尿病、(7)心臓疾患などを挙げていたが、NFLの選手には該当者が多く“自主的全休”を選択する選手がかなり出てくると見られている。

 なおNFLは9月19日、ミズーリ州カンザスシティーで行われるチーフス対テキサンズ戦で開幕。シーズン最後のスーパーボウルはフロリダ州タンパで行われることになっている。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月15日のニュース