大相撲のファン投票懸賞「森永賞」、7月場所から初のウェブ応募に変更

[ 2020年7月15日 16:40 ]

両国国技館
Photo By スポニチ

 19日に初日を迎える大相撲7月場所(両国国技館)で、1951年(昭26)から続くファン投票による懸賞「森永賞」が初めてウェブでの応募形式に変更となる。

 森永賞はこれまで、東京開催となる1月の初場所、5月の夏場所、9月の秋場所で来場者の投票で実施され、一番の好取組に懸賞が懸けられてきた。今回、新型コロナウイルス感染症の拡大により、7月場所の会場が名古屋から東京に変更となり、1日当たりの来場者も約2500人に制限された。これまでの投票方式では多くの人々に参加してもらえないことから、懸賞を懸ける森永製菓(本社・東京都港区)がこのほど史上初のウェブ応募型で実施することを決定。国技館に入場できないファンも簡単に投票できることになった。

 デジタル森永賞の公式サイト(https://www.morinaga.co.jp/morinagashou/)から、毎日午前8時30分~午後2時に応募できる。応募者から抽選で、森永ミルクキャラメルなどが景品として贈られる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月15日のニュース