国内女子ゴルフ マスク着用などコロナ対策発表

[ 2020年6月17日 05:30 ]

 日本女子プロゴルフ協会は16日、新型コロナウイルス感染症対策として、ツアーの競技運営の手順などを示すガイドラインを発表した。

 選手とキャディーにはラウンド中のマスク着用を推奨。他の選手などとは2メートルの間隔を保つように注意喚起。除菌シートなどを携帯し、旗竿やレーキなどを触った後は手指を消毒することを求めた。ラウンド後の握手、ハグ、グータッチなどのあいさつは禁止とした。25日からのアース・モンダミン・カップ(千葉)で開幕する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月17日のニュース