JSC 選手への助成金増額検討 延期五輪へ強化継続&練習環境整備の狙い

[ 2020年6月17日 05:30 ]

 新型コロナウイルスの影響で活動資金に悩むスポーツ選手を支援するため、日本スポーツ振興センター(JSC)がトップアスリートの助成金増額を検討していることが16日、関係者への取材で分かった。

 来年に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、これまで通りの強化継続や練習環境を整える狙いがある。JSCのトップ選手の助成制度では、競技団体が推薦した五輪、パラ競技の選手を対象に年間240万円を支給している。上乗せ額は今後調整を進める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月17日のニュース