「横浜GRITS」チアリーダーズ 初代メンバーを募集中 横浜市初のプロアイスホッケーチーム

[ 2020年6月17日 12:00 ]

2020―21年シーズンからアジアリーグアイスホッケーに正式加盟、横浜市初のプロアイスホッケーチームとなる「横浜GRITS」
Photo By 提供写真

 横浜市初のプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS(グリッツ)」がチアリーダーズ「GRITS TOPAZ(トパーズ)」の初代メンバーを募集している。「TOPAZ(トパーズ)」は11月の誕生石。「World Cheerleading University Championship 2015 Pom部門」1位などの受賞歴を誇る大嶋夏実さん(27)がディレクターを務める。

 募集人数は6~10人。エントリー資格は「GRITS TOPAZ初代メンバーとして2020―21シーズン期間の活動を行える人」「18歳以上の女性(高校生不可)」など。ダンス経験・スケート経験は不問。詳細は公式サイト(https://grits-sport.com/)へ。

 1次審査はエントリーフォーム(https://forms.gle/bWnfaowbZf79c6jY6)から応募。締切は今月18日(木)23:59。

 横浜GRITSは「横浜開港記念日」の今月2日、日本、韓国、ロシアのプロクラブチームによる国際リーグ戦「アジアリーグアイスホッケー」に加盟。2020―21年シーズン参戦が正式決定した。東京圏にアジアリーグアイスホッケー所属チームが誕生するのは12季ぶり。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月17日のニュース