八村ウィザーズ 15日から練習施設の使用許可、選手は自主参加

[ 2020年5月13日 05:30 ]

ウィザーズ・八村塁(AP)
Photo By AP

 八村塁(22)の所属するNBAウィザーズが練習施設の使用を15日から許可する方針を固めた。11日にチーム公式サイトで発表。選手は自主参加となる。ブルックス監督は視察できないが「選手には素晴らしい機会。これが第一歩だ」と述べた。

 コロナ禍により、レギュラーシーズンは中断中。リーグは8日から各チームの施設使用を許可し、すでにキャバリアーズとトレイルブレーザーズが選手に施設を開放した。また、ウィザーズは公式サイトで、ドラフト1巡目ルーキー八村のベスト3の試合を紹介した。1位には昨年12月1日に自己最多の30得点をマークしたクリッパーズ戦を選出。ここまで41試合に出場し、1試合平均13・4得点、6・0リバウンドの活躍を高評価している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月13日のニュース