リオ体操女子4冠女王・バイルス 五輪延期に「ただ座って泣いていた」

[ 2020年4月3日 05:30 ]

バイルス
Photo By スポニチ

 16年リオデジャネイロ五輪の体操で女子4冠に輝いたシモーン・バイルス(米国)が1日、米NBCテレビの番組に出演し、東京五輪が来年7月まで延期されたことについて「何も考えられず、ただ座って泣いていた」と心境を明かした。

 ジムでの練習の合間に延期のニュースを知ったという。「身体的な部分はコーチもいて問題ないと思う。でも、もう1年やるという精神的な負担は私を含めてどの選手にもあると思う」と述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月3日のニュース