朝乃山、大関でも「変わらず」タクシー通勤 5月10日初日大相撲夏場所

[ 2020年4月3日 05:30 ]

朝乃山
Photo By 代表撮影

 新大関・朝乃山(高砂部屋)が2日、東京都墨田区の同部屋での稽古後、タクシーを使っての場所入りを継続する考えを明かした。大関以上は運転手付きの自家用車の利用が許され、両国国技館は地下駐車場から入退館することが可能だが「変わらずタクシーで(場所に)行くと思います」と意向を示した。

 新型コロナウイルス感染拡大により夏場所(5月10日初日、両国国技館)の開催可否は不透明な状況だ。プロスポーツ選手の感染が増えている中、大相撲の力士からはいまだ感染者は出ていない。外出を控えているという新大関は「最近コロナのニュースばかり見ている。楽天の監督やっていた人(梨田昌孝氏)も感染しましたよね」と心配していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月3日のニュース