友風、右膝重傷で初場所全休 尾車親方「しっかり治すことを考えるしかない」

[ 2020年1月9日 05:30 ]

友風
Photo By スポニチ

 昨年11月の九州場所で右膝に重傷を負った十両・友風について、師匠の尾車親方(元大関・琴風)は初場所を全休することを明らかにした。

 25歳の友風は九州場所2日目に負傷し「右膝関節脱臼でじん帯損傷を伴う」と診断された。今後、じん帯修復手術を受ける予定で、長期休場が濃厚。尾車親方は「まず、しっかり治すことを考えるしかない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月9日のニュース