羽生結弦の「SEIMEI」に大歓声~メダリスト・オン・アイス~

[ 2019年12月23日 19:26 ]

<メダリスト・オン・アイス>演技する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

フィギュアスケート全日本選手権の上位選手らによるエキシビション「メダリスト・オン・アイス」が23日、東京・国立代々木競技場で行われた。

 全日本に4年ぶりに出場して2位だった男子の羽生結弦(ANA)は、15―16年シーズンと、平昌五輪を制した17―18年シーズンのフリー「SEIMEI」を披露した。

 ジャンプは3回転ループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の2本にとどめたが、ステップやスケーティングでも観衆を魅了。黄金のプログラムを演じた後は、アンコールでSP「秋によせて」のステップを軽やかに刻んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年12月23日のニュース