川内 夫婦“思い出の大会”優勝し帰国も「コースレコードを破りたかった」

[ 2019年8月30日 05:30 ]

 陸上・世界選手権(9月27日開幕、ドーハ)の男子マラソン代表、川内優輝(32)が29日、ニューカレドニア・モービル国際マラソンから成田空港に帰国した。

 08年に妻・侑子さんと出会った思い出の大会に夫婦で出場。優勝したが、大会記録(2時間16分56秒)に及ばない2時間17分24秒で「コースレコードを破りたかった」と振り返った。9月1日には世界選手権を見据え最後の42・195キロとなる、わっかない平和マラソン(稚内)に出場。「どうまとめられるかがドーハへの鍵となる」と意気込んでいた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月30日のニュース