桐生 予選突破も苦笑い 3カ月ぶり200メートルに「ゴール遠かった」

[ 2019年6月30日 05:30 ]

陸上日本選手権第3日   男子200メートル ( 2019年6月29日    福岡・博多の森陸上競技場 )

<第103回陸上日本選手権第3日>男子200メートル予選、力走する桐生(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 3カ月ぶりに200メートルのレースに出た桐生は「走っていて(ゴールが)遠かった。まだかと思った」と苦笑いした。

 100メートルの2位から一夜明け、2組2着で決勝に進出。「100メートルと一緒で、予選を通過できて良かった」と淡々としていた。この種目もドーハ世界選手権の参加標準記録を突破している。決勝は「自己ベストを狙いたい」と20秒39の自己記録更新を目標に掲げた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月30日のニュース