飯塚まさか…50メートルで棄権「突然衝撃が」連覇消えた

[ 2019年6月30日 05:30 ]

陸上日本選手権第3日   男子200メートル ( 2019年6月29日    福岡・博多の森陸上競技場 )

男子200メートル予選を途中棄権した飯塚翔太
Photo By 共同

 男子200メートル連覇を狙った飯塚がまさかのアクシデントに襲われた。

 スタートして50メートルほどで、右太腿裏に痛みが出て、レースを中断した。主催者を通じて「突然衝撃が来て、レースをやめた。調子が良かったのでとても残念」とのコメントを発表した。4月の急性虫垂炎に続く不運。前日の100メートルで4位に入って好調ぶりをアピールしていただけに、残念な結果になった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月30日のニュース