第1シード大坂なおみ 1回戦は92位のシュミエドロバと対戦 全仏OP

[ 2019年5月24日 05:00 ]

女子テニスの大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 テニスの全仏オープン(26日開幕、パリ)の組み合わせ抽選が23日に大会会場のローランギャロスで行われ、4大大会のシングルスで日本人初の第1シードとなった世界ランク1位の大坂なおみ(21=日清食品)は1回戦で世界92位のアンナ・シュミエドロバ(24=スロバキア)と対戦することが決まった。2回戦に進めば、17年の全仏覇者で世界40位のエレナ・オスタペンコ(21=ラトビア)と2度の全豪優勝経験のある世界44位のビクトリア・アザレンカ(29=ベラルーシ)の勝者と顔を合わせる。

 大坂は昨夏の全米でグランドスラム初優勝を飾り、1月の全豪も制覇。4大大会の女子シングルスで初優勝からの連覇は、68年のオープン化以降では01年のジェニファー・カプリアティ以来18年ぶり6人目で、3連覇となれば史上初の偉業となる。

 男子シングルスで4大大会初優勝を目指す錦織圭(29=日清食品)は1回戦で世界153位のカンタン・アリス(22=フランス)と激突する。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月24日のニュース