栃ノ心 大関復帰へ、またも足踏み

[ 2019年5月24日 05:30 ]

大相撲夏場所12日目 ( 2019年5月23日    両国国技館 )

明生(右)に寄り切りで敗れる栃ノ心(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 大関復帰に王手をかけている関脇・栃ノ心がまた足踏みした。初顔合わせとなった23歳の明生に立ち合いで左差しを許すと、反撃できずに土俵を割った。

 朝乃山が11日目に単独トップに立ったことで、きょう13日目は本来予定されていた鶴竜戦から朝乃山戦に変更された。横綱戦ではなくなったものの、相手は怖いもの知らずの25歳。さすがに平常心は保てず、支度部屋に戻ると風呂場で叫び、報道陣の問いかけには「何も言えないよ」と顔を紅潮させた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月24日のニュース