Sクライミング協会、東京五輪代表の選考基準発表

[ 2019年5月22日 05:30 ]

 日本山岳・スポーツクライミング協会は東京五輪代表選考基準を発表した。

 出場枠は男女とも開催国枠1枠を含めて最大2枠。8月11日から東京都八王子市で行われる世界選手権の7位に入った日本人最上位選手が最優先で内定する。11月の五輪予選(フランス)、来年4月のアジア選手権(岩手県盛岡市)も選考大会で、出場権獲得者が計2人に満たずに開催国枠を使用する場合は、同5月の複合ジャパンカップ(開催地未定)の結果で選出する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月22日のニュース