遼、腰痛で国内初棄権 ジャンボから激励「早く治せよ」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 中日クラウンズ第2日 ( 2019年5月3日    愛知県 名古屋GC和合C=6557ヤード、パー70 )

2日目を棄権した石川は尾崎将にあいさつする(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 石川が、腰痛のためスタート前に国内ツアーで初めて棄権した。「肉離れなのか、ひねったというのか…。急性的にそんな感覚になった。歩いていても力が入る感じがしなかった」。

 午前6時30分にコースに姿を見せ棄権届を提出。練習場に出向いて同組のジャンボと金谷に直接伝えた。ジャンボからは「早く治せよ」と激励された。大会関係者には「骨ではないのでそんなに深刻ではないと思います」と説明していたが、復帰時期は未定だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月4日のニュース