【写真特集】ザギトワ初女王、トゥルシンバエワ衝撃2位 紀平ら日本勢も健闘

[ 2019年3月22日 22:33 ]

<世界フィギュア・女子フリー>優勝したザギトワは金メダルにキスをする(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位発進のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が圧巻の演技を見せ、初の世界選手権優勝を飾った。SP3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(19=カザフスタン)がシニアで国際スケート連盟公認大会では世界初の4回転サルコーを成功させ2位に。エフゲニア・メドベージェワ(19=ロシア)はSP4位から3位と順位を上げた。日本勢は紀平梨花(16=関大KFSC)が4位、坂本花織(18=シスメックス)が5位、宮原知子(20=関大)が6位に入った。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月22日のニュース