羽生結弦、史上最大逆転へ 22日練習ドキュメント

[ 2019年3月22日 19:21 ]

フィギュアスケート世界選手権第3日 ( 2019年3月22日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア・男子練習>白いイヤホンをしてサブリンクに登場した羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラム(SP、21日)で94・87点の3位発進となった羽生結弦(ANA)が、23日のフリーに向け、午後にサブリンクで調整した。

【羽生結弦 22日公式練習ドキュメント】

▽1:10 男子はこの日、2回練習が組まれている。羽生は1回目の練習には姿を見せず。オーサー・コーチも「くまのプーさん」のティッシュケースを持っていなかった。
▽6:09 リンクサイドに姿を見せると、ファンから歓声が上がる。
▽6:10 両手を氷につけてからリンクイン。オーサー・コーチが「くまのプーさん」のティッシュケースをフェンスに置く。エッジのカバーをオーサー・コーチに渡し、スケーティングを開始。
▽6:12 ステップを確認した後、3回転ループを決める。
▽6:13 ジャージーを脱いでオーサー・コーチに渡す。
▽6:14 トリプルアクセル―1回転オイラー―3回転サルコーを着氷。
▽6:15 4回転トーループに成功。▽6:15 ドリンクを口に含む。
▽6:16 4回転トーループからのトリプルアクセルをクリーンに決めた。両手を腰に当てる。
▽6:17 4回転ループに成功した後、4回転サルコーも決める。
▽6:19 4回転ループの着氷が乱れるも耐えた。
▽6:20 「Origin」の曲かけスタート。ウィルソン・コーチは手を小刻みに動かして見つめる。
▽6:21 冒頭の4回転ループが1回転に。踏み切り地点を見つめる。
▽6:23 4回転トーループからのトリプルアクセルはアクセルでバランスを崩して手を付く。
▽6:25 曲かけが終了。
▽6:26 オーサー・コーチが指導。フェンスに手をかけて屈伸。
▽6:28 3回転ループを決め、4回転トーループも成功。演技後半のジャンプを確認。その後のトーループは2回転に。右足のエッジを気にするしぐさ。
▽6:30 天を仰ぐ。
▽6:31 4回転トーループからのトリプルアクセルは1回転半に。悔しそうな表情を見せる。
▽6:33 4回転トーループからのトリプルアクセルを決める。ブリアン・コーチは大きくうなずく。
▽6:34 オーサー・コーチと会話。オーサー・コーチは大きくうなずく。
▽6:35 ループは1回転。オーサー・コーチが身ぶり手ぶりをまじえてアドバイス。
▽6:36 ループは2回転に。
▽6:37 ループは1回転に。
▽6:39 4回転ループの着氷はやや乱れる。
▽6:39 ループは1回転。その後、小刻みにジャンプ。
▽6:40 4回転ループをクリーンに決める。
▽6:41 4回転ループに成功。右手人差し指をこめかみに当てるしぐさ。
▽6:43 4回転ループを鮮やかに決める。3連続での成功。右拳を握り、ガッツポーズに映るしぐさも出た。踏み切り動作についてブリアン・コーチと話す。
▽6:45 スタートからの動作を確認してループに挑んだが、失敗。コーチ陣3人は話し合う様子。
▽6:45 リンク中央で天を仰ぐ。
▽6:46 スタートから仕切り直しもループは1回転。
▽6:47 4回転サルコーを決める。両手を腰に当てて考え込む。
▽6:48 4回転ループ成功。オーサー・コーチがウィルソン、ブリアン両コーチに話しかける。
▽6:49 4回転ループ転倒。リンク中央で天を仰ぐ。
▽6:49 4回転ループの着氷をこらえる。
▽6:50 観客席に礼。両手で氷を触り、リンクを降りる。
▽6:51 会場にお辞儀をして、足早に幕の向こうに消えた。

 23日の男子フリーで羽生はSP首位・チェン(米国)の1つ前、24選手中22番目の午後9時2分に登場。完璧な「Origin」を舞い、ライバルにプレッシャーをかける。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月22日のニュース