羽生結弦LINEスタンプ発売「忘れない3・11」被災地への想い込め

[ 2019年3月7日 11:43 ]

羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24=ANA)のLINEスタンプが7日、発売された。

 「羽生結弦 3・11 SMILEスタンプ」で24種類。フィギュアスケートの衣装をまとった羽生が、様々なポーズで笑顔や凛々しい表情を見せている。東日本大震災から8年。宮城県仙台市出身の羽生だけに、「忘れない3・11」「少しずつ、苦しみを超えて」などと被災地への想いが込められている。

 11時にスタンプが発売されると、SNSでは「羽生君のスタンプ早速GETしました」「早速使いまくる」「スワンちゃんが1番好きです」など、購入したファンが喜びの声を上げた。また「普段使える挨拶が欲しいです」と第2弾を待望する声も。

 スタンプの売り上げは全額、災害復興支援特別基金に寄付される。販売期間は4月11日まで。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月7日のニュース