Sスケート成年男子 1000メートルは信州大・小島が制す

[ 2019年2月4日 05:30 ]

総合 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日 ( 2019年2月3日    北海道釧路市春採アイスアリーナなど )

スピード成年男子1000メートル決勝でゴールし、タッチを交わす優勝した長野・小島
Photo By 共同

 スピードの成年男子は1000メートルを小島良太(長野・信州大)が制し、5000メートルは平昌五輪代表の中村奨太(北海道・ロジネットジャパン)が勝った。

 アイスホッケーの少年は北海道が9―3で栃木を下し16連覇。成年も北海道が東京を4―2で退け3連覇を果たした。来年の第75回大会は青森県で開催される。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年2月4日のニュース