帝京大ラグビー部・岩出監督 連覇ストップも前向き「負けて見えることもある」

[ 2019年2月4日 05:30 ]

ジャパンコーチズアワードでパネルディスカッションを行った帝京大ラグビー部の岩出雅之監督(中央)
Photo By スポニチ

 帝京大ラグビー部の岩出雅之監督が都内で行われた表彰式典でのパネルディスカッションに参加し、組織論について慶大野球部の大久保秀昭監督らと意見を交わした。

 今年度は全国大学選手権での連覇が9で止まったが、「勝っていたら指導者として終わっていた。負けて見えることもある。新しいエネルギーも湧いてくる」と気持ちも新た。近日中に新主将が決定する見込みで、今月20日ごろに新チームとして始動する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年2月4日のニュース