故意にグリーン傷つけ失格のガルシア ツアー側はさらなる処分科さず

[ 2019年2月4日 15:26 ]

セルジオ・ガルシア (AP)
Photo By AP

 ゴルフの欧州男子ツアー、サウジ・インターナショナルにおいて、故意にグリーンを傷つけたとして失格となったセルジオ・ガルシア(39=スペイン)について、さらなる処分が科されないことが分かった。3日に米国のゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」が伝えた。

 ガルシアは2日の第3ラウンドでフラストレーションからグリーンを故意に傷つけたことが発覚。これを重く見た欧州ツアーは「ゴルフの精神に反する許されない行為」として失格を言い渡したが、さらなる処分については科さない考え。ツアーの最高責任者であるキース・ペリー氏は「この件についてはもう終わったこと。ガルシアも謝罪し、反省しているので我々は前に進む」と話しているそうだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月4日のニュース