フェニックス・オープン ファウラーがツアー5勝目 過去2勝の松山は15位

[ 2019年2月4日 15:24 ]

優勝トロフィーを手に笑顔を見せるファウラー (AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのフェニックス・オープンは3日(日本時間4日)、アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデール(パー71)で最終ラウンドが行われ、首位でスタートしたリッキー・ファウラー(30=米国)が通算17アンダーの267で優勝し、ツアー5勝目を挙げた。

 ファウラーは第1ラウンドから64、65、64とスコアを伸ばしたが、最終ラウンドでは11番ホールのパー4でトリプルボギーを叩くなど、74と苦しんだ。それでも、2位のブランデン・グレース(30=南アフリカ)を2打差で振り切り、約2年ぶりの優勝。賞金127万8000ドル(約1億4000万円)を獲得した。

 3位には通算14アンダーのジャスティン・トーマス(25=米国)が入り、同大会で過去2勝の松山英樹(26=LEXUS)は4バーディー、2ボギーの69で回り、通算9アンダーの275で15位タイ。小平智(29=Admiral)は75と崩れ、通算4オーバーの288で72位だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月4日のニュース