【宇野と一問一答】課題はコンビネーション 力まず“いつも通り”を再現できれば 

[ 2018年12月9日 05:30 ]

フィギュアGPファイナル第2日 ( 2018年12月7日    カナダ・バンクーバー )

男子フリー、メダルを手に並ぶ(左から)宇野昌磨、ネーサン・チェン、車俊煥(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(20=トヨタ自動車)は183・43点、合計275・10点で2位となった。ジャンプにミスが相次ぎ、日本勢2年ぶりの優勝はならなかった。主要国際大会で6連続準優勝となった宇野は、五輪連覇の羽生結弦(24=ANA)を引き合いに、自らの勝負弱さを課題に挙げた。

 ――昨日からかなり持ち直した。

 「今朝の練習も特に悪いところはなく、いつも通りだった。最後のジャンプ2つ、やはりコンビネーションジャンプがいつもと違う力が入ってしまって、着氷の場所が違った印象だった」

 ――力が入ったのは何が要因か。

 「単発のジャンプはいつも通りの力が抜けた状態で、いつもを再現できた。やはりコンビネーションで1本目を跳んだ後、どうしても力が入ってしまう。コンビネーションが課題になってくる」

 ――昨日ミスした4回転トーループはどこを克服した。

 「自信はある程度あった。体もいつも通りに動いていて、凄く落ち着いてたのでトーループもアクセルもいつも通りをやっと再現できた。いつも通りじゃなかったのが最初のサルコーとコンビネーションジャンプ」

 ――失敗した昨日から考え方を変えたか。

 「特に変えてはないですし、燃える何かがあるわけではなかった。試合でトーループに成功したのが自信につながった」

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月9日のニュース