羽生W快挙 大谷&輝星抑え18年“最高のアスリート”

[ 2018年12月7日 05:30 ]

フィギュアスケートの羽生結弦
Photo By スポニチ

 笹川スポーツ財団は2018年の「最も活躍したアスリート」と「スポーツ重大ニュース」の結果を発表し、2月の平昌五輪で2連覇した羽生がともにトップとなった。

 活躍したアスリートの2位は日本ハムからドラフト1位指名された秋田・金足農高の吉田輝星投手、重大ニュースの2位は女子テニスの大坂なおみ(日清食品)の全米オープン優勝。米大リーグで二刀流で活躍した大谷翔平(エンゼルス)が両部門で3位。11月下旬から12月上旬にかけての調査で、約1万2000件の有効回答があった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年12月7日のニュース