タイタンズのヘンリーが爆走 自己最多の238ヤードを走破 圧巻の99ヤードのTDランも記録

[ 2018年12月7日 13:47 ]

自己最多のラン獲得をマークしたタイタンズのRBヘンリー(AP)
Photo By AP

 NFLは6日、テネシー州ナッシュビルで第14週の1試合を行い、地元のタイタンズが30―9(前半16―2)でジャガーズを下して7勝6敗。AFCのプレーオフ争いに踏みとどまった。

 アラバマ大時代に年間最優秀選手に贈られるハイズマン賞(2015年)を受賞しているRBデリック・ヘンリー(24)は17回のキャリーでいずれも自己最多となる238ヤード(チーム新記録)と4TD(チーム・タイ記録)をマーク。自陣1ヤード地点からのスナップだった第2Qの7分53秒には、ジャガーズの3選手を手で押しのけながら相手のエンドゾーンまで走り切り、1983年1月3日にトニー・ドーセット(カウボーイズ)がバイキングス戦で達成したランのNFL最長TD記録(99ヤード)に並んだ。

 ジャガーズは4勝9敗。ここ9戦で8敗目を喫し、2季連続のプレーオフ進出は絶望となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年12月7日のニュース