神鋼 CTB重が今季初先発へ「サイドを生かしたい」

[ 2018年12月7日 05:30 ]

8日のトヨタ自動車戦に向けて雨の中練習をした神戸製鋼
Photo By スポニチ

 ラグビーの神戸製鋼が6日、8日のトップリーグ決勝トーナメント準決勝・トヨタ自動車戦(花園)の、メンバーを発表し、神戸市内で練習した。2年目のCTB重一生(24)が今季初先発。SOカーター(ニュージーランド)、CTBアシュリークーパー(オーストラリア)という世界のレジェンドと呼吸を合わせて、展開ラグビーでトライを狙っていく。

 「今年のチームはサイドでの得点が高い。そこを生かしたい」

 9月の対戦は引き分け。2トライはセットプレーからで、リーグNo・1の攻撃力が低調だった。重は今季4度目となる右太腿裏の肉離れの影響で、守備の反則が多発したその試合にベンチ外だった。「出ていれば持ち味の守りも出せた」。攻守で貢献し、リーグ戦で唯一勝てなかった難敵と白黒を付ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年12月7日のニュース