桐蔭学園、悲願の単独Vへ小西主将「みんなで頑張れる」

[ 2018年12月7日 05:30 ]

初の単独優勝に向けて日々の練習にも熱がこもる桐蔭学園ラグビー部
Photo By スポニチ

 全国高校ラグビー大会(27日開幕、花園)にAシードとして出場する神奈川・桐蔭学園高が同校グラウンドで練習を公開し、SH小西泰聖主将(3年)は「今年は誰が凄いとかではなく、みんなで頑張れるチーム。面白いラグビーを見せられると思う」と意気込みを語った。

 昨年度は4強。最高成績は日本代表FB松島幸太朗(現サントリー)らを擁した10年度の両校優勝(決勝で東福岡と31―31)。悲願の単独優勝へ小西は「先輩たちの思いも背負って頑張りたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年12月7日のニュース