トゥクタミシェワがアクセル決めて首位発進「全ての要素ができた」

[ 2018年11月9日 18:06 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・NHK杯第1日 ( 2018年11月9日    広島県立総合体育館 )

<フィギュアNHK杯第1日>女子SP、高得点を出したトゥクタミシェワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラム(SP)でエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が76・17点の自己ベストをマークして首位発進した。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は出来栄えで2・06点の加点を引き出す好ジャンプ。これまでの自己ベスト74・22点を2点近く更新した。「他の選手と競争をしたいなら、(トリプルアクセルを)入れないといけないのは分かっていた」と話した。

 前夜はあまり眠れなかったというが、15年世界選手権の金メダリストは「全ての要素ができて良かった」と貫禄の演技を披露。スケートカナダに続くGPシリーズ連勝へ、10日のフリーでも全力を尽くす。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年11月9日のニュース