緑夢 パラ走り高跳びで来年2月の国際大会出場へ、現在無所属

[ 2018年11月9日 05:30 ]

夏冬パラリンピック出場に向けて意気込みを語った成田
Photo By スポニチ

 20年東京パラリンピックに陸上走り高跳びでの出場を表明した平昌パラリンピック・スノーボード金メダリストの成田緑夢(24)が都内で取材に応じ、次戦を来年2月にドバイで行われる陸上国際大会に出場する意向を明かした。

 成田は「一番向いているのは走り高跳びだと思う。(東京は)出られるだけで120点」と意気込みを語った。平昌後にスポンサー契約を見直し、現在は無所属で活動中。「平昌からリセットしてもう一度、新たな競技を目指したい。挑戦好きな会社とタッグを組んでやっていけたらと思っている」と裸一貫から夏冬パラリンピック出場を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年11月9日のニュース