男女とも世界選手権切符 カーリングPA選手権

[ 2018年11月9日 22:12 ]

 カーリングのパシフィック・アジア選手権第7日は9日、韓国の江陵で準決勝が行われ、女子日本代表で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレと、男子日本代表のコンサドーレがともに10日の決勝に進み、上位2チームに与えられる世界選手権(来年3月開幕)の出場権を日本にもたらした。

 ロコ・ソラーレは香港に13―3で大勝。2―0の第2エンドに大量4点を奪うなど一方的に試合を進めた。決勝では韓国と対戦する。

 コンサドーレはニュージーランドを8―3で下した。決勝は中国と当たる。

 世界選手権は女子がデンマーク、男子はカナダで別期間に開催され、日本からは来年2月に札幌市で行われる日本選手権の優勝チームが出場する。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年11月9日のニュース