錦織 マスターズ・パリは2回戦から、ファイナル出場へ正念場

[ 2018年10月30日 05:30 ]

記者会見で質問に答える錦織
Photo By 共同

 男子テニスのエルステバンク・オープンで準優勝に終わった錦織圭(日清食品)は29日開幕のマスターズ・パリ大会で第10シードに入り、2回戦からの登場となる。ケビン・アンダーソン(南アフリカ)に敗れ、ツアー決勝9連敗となった28日の試合後の会見では次戦へ向け「集中して、なるべく(大会の)後半までいけるように頑張りたい」と意気込んだ。

 年間成績上位8人によるATPツアー・ファイナル(11月、ロンドン)進出争いで現在9番手。ポイントは3210で、10番手のジョン・イスナー(米国)とわずか145の小差。4番手のフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が今月前半に右膝を骨折し、9番手でも出られる可能性は十分にあるが、パリ大会は優勝者に1000ポイントが与えられる格付けの高い大会で予断は許さない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月30日のニュース