池江璃花子 ファンに“神対応”みせた!サイン会に200人超が殺到し…

[ 2018年10月7日 11:26 ]

ファンサービスする池江(手前左)
Photo By スポニチ

 20年東京五輪で活躍が期待される競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が“神対応”を見せた。

 7日に静岡県富士水泳場で開催された静岡招待スプリント選手権に出場。午前10時からのサイン会には200人を超えるファンが殺到した。時間は30分。行列に並んだ全てのファンに対応できなかったため、制限時間後に、自らサインの行き届かなかった人を集めて、スマートフォンでの写真撮影に応じた。

 自由形、バタフライの個人5種目で日本記録を保持。今夏のジャカルタ・アジア大会では金メダル6個を獲得し、大会優秀選手(MVP)に選ばれた。東京五輪に向けてフィーバーぶりが加熱する中でも、1人1人のファンを大切にする気遣いを示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年10月7日のニュース